成田幼稚園ニュース

2017年3月3日

子育てメモ229と くまもん来園ニュース

☆65年前から子ども達の元気な声の聞こえる成田幼稚園
-幼稚園の形態の変化が見られる中で-

登園してきた子ども達が園庭に出てきて早朝から元気に遊んでいます。
寒い氷のはっている冷たい朝もですよ~子ども達の姿は輝いています。
顔を真っ赤にしながらも楽し気に遊んでいる姿から元気な声がいつも園内にはとびかっています。

はじめて参観に来られた人は必ず「ワァーここの園子ども達の声が聞こえる~みんな元気ですね~」と言われます。

同年齢の子ども同士が遊ぶ・遊べる環境は大事なのですよ。
兄弟・姉妹が少なくなり昔のように自然と集まってくる子ども同士で遊ぶこともほとんどない昨今本園のように広々とした園庭で子ども達の本来の姿の発揮できる環境は幼児期の子ども達にとってとても大切な時間です。

子どもはじっとしていません。
「ちょっと静かにしなさい!」という言葉もでてしまうでしょう。
「子どもは元気!」と思うのはちょこまかと思うがままに体の動く子どもの姿をいうのです。
「多動性」などとレッテルをはるのはもっての外ですよ。

そんな子どもの姿を尊重することで子ども達の心ものびやかに育ちその環境から課題のある活動に取りくんでいくことで「幼稚園教育」の目的につながります。教えこむのでもなければやらせたりするものでもありません。

本来「幼稚園」ができた頃は幼い子どもの心身は4~5時間が社会生活にふさわしいと定められ続けてまいりました。
ところが最近「幼稚園」の形態の変化が見られるようになりましたが「形態」だけが走っていて子どもにとっての「環境」が重視されていないのが気になっています・・・

今日も園庭では三輪車のスピードをあげて「出町柳行きの快速特急」と走っている子ボール遊びや鬼ごっこ鉄棒や遊具縄跳び砂場で遊んでいる子様ざまな活動を展開しています。

同年齢の子ども同士が楽し気に活動しやる気(意欲)いっぱいに学習する姿をひき出していく教育は子ども達にとっても最良の生活環境です。

子ども達のためにもずっとずっといつまでも元気な声の聞こえる成田幼稚園でありますように願っています

☆お子さんの園をどこにしようかな~と考えておられる保護者の方へ

本園の「教育環境」を知っていただきぜひ園の参観に来てください。

今は年度末でもあり5月頃からどうぞ!

☆くまモンの4回目の来園2月28日

くまモンと一緒にクイズやくまモン体操をしたりくまモンタッチをして子ども達は大喜び。
記念撮影をしてくまモンと「さようなら」をすると園庭に出たくまモンは遊具で遊んで名残おしそうでした。
またきてね~と子ども達は手を振って見送りました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider